スキップしてメイン コンテンツに移動

8月26日:この絵じゃわからないかな? って尋ねたら(笑)

今日は、「今日のサザエさんじゃんけんはあいこ」だけで絵日記終了していたら、
姉から速攻、「①②③④は何? あと、サザエさん似てない。」と、Eメールが来た。



以下、Eメールでのやりとり。

私「この絵で分からない?」
姉「無理ですw」
私「では解説。

①日本のチカラ
老舗工房の江戸風鈴を創る女性職人さん

「 日本のチカラ」
毎週土曜 午前5:20~5:50(テレビ朝日)

「日本のチカラ」 は、全国各地の 「魅力あふれる産業」 を通して地域の歴史や文化、人々の英知や営みを学び日本の技術力・地方創生への道を描きだす教育ドキュメンタリー番組です。


②吹奏楽のひびき
FMラジオ
ユージン・コーポロンさん(指揮者)

リクエスト特集
「我らに今日の糧を与えたまえ ~吹奏楽のための小交響曲」
デーヴィッド・マスランカ:作曲
(指揮)ユージン・コーポロン、←この人
(吹奏楽)昭和ウインド・シンフォニー
ほか

③Hugっとプリキュア
たんぽぽおばあちゃん

第29話
おばあちゃん、気合いのレシピより

④ 日曜美術館
久保克彦さん

「遺(のこ)された青春の大作~戦没画学生・久保克彦の挑戦」

⑤サザエさん
そのまんま」

姉「わーかーるーわーけーないだろ! (罵声)」
私「やっぱり・・・(小声)

やはり、姉は容赦ないね。恐ろしくてふるえています。
震えながら、詳細を記載しました。これできっと、姉もご機嫌だろう。

コメント

このブログの人気の投稿

9月22日:永眠しました(姉代筆)

こちらのブログ主の姉です。 弟は9月22日3:50 に母に見守られて永眠しました。 弟の遺品の中に9月21日まで描かれた絵日記を見つけたので、落ち着いたらアップします。 また、弟は、ガンになった時に得られる公的援助や入院中の便利グッズについてもまとめていたので、紹介したいと思います。 これからも、弟のブログは姉の代筆によってしばらく続きますので、どうぞお付き合いください。 ========= 弟の最期の時に、一緒にいたのは母だけでした。 もう一人の弟、妹、私は間に合いませんでしたが、病院スタッフのおかげで、疼痛コントロールなどもうまくなされ、穏やかな最期だったと、母から聞きました。 その他 弟は、臓器ドナーとして登録したあったのですが、ガン播種転移があったため、私の母校への献体に切り替えていることも知りました。 献体登録してあったため、ドライアイスが使えず、葬儀を早めたので、私は通夜にも葬儀にも間に合うことができなかったけれど、もう一人の弟や妹から通夜や葬儀の様子を聞くことができました。弟は、臓器ドナーとして登録したあったのですが、ガン播種転移があったため、私の母校への献体に切り替えていることも知りました。 献体登録してあったため、ドライアイスが使えず、葬儀を早めたので、私は通夜にも葬儀にも間に合うことができなかったけれど、もう一人の弟や妹から通夜や葬儀の様子を聞くことができました。 弟は医科大学に献体登録してあったため、ドライアイスが使えず、葬儀を早めたので、カナダに住んでいる私は通夜にも葬儀にも間に合うことができませんでしたが、もう一人の弟や妹から通夜や葬儀の様子を聞くことができました。 家族葬のつもりで、椅子を数脚しか用意していなかったら、弟の学生の時の友人やブラスバンド関係の友人がたくさん来てくださり、大慌てしたこと。 絵日記にはあまり熱心なカトリック信者ではないと書いてあったけれど、ガンと付き合っている間も体調がいい時には教会に行って、ミサの時には聖書の朗読などをしていたこと。 葬儀会社の人がお化粧上手で、「誰!?」と思うくらいイケメンに仕上がっていたこと。(姉の欲目ですが、弟は客観的にかなり整っている顔をしていたと思います)。 また、遺品の中からは、誰かに読まれることを意識して書いたと思われる手帳や

8月3日:オブジーポ3回目

オブジーポ3回目。特に問題なし。 オプジーボは新しいタイプの薬で、抗がん剤っていうのとはちょっと違うそう。 本来は、T細胞という細胞が、ガンをやっつけてくれるんだけど、ガンはT細胞ががん細胞を認知する部分にフタをしてT細胞が働けなくしてしまうらしい。 で、オプジーボはこのフタを外して、細胞の免疫力を回復させがん細胞への攻撃を助けるらしい。 話を効いても、効くんかいな〜? と、半信半疑だったが、なんとなく効いてる気がするんだよね。 イワシの頭も信心から、とは言うけど、効いてくれていると本当に嬉しい。 次に腸管が詰まったら、もう二度と食べることはできないと説明を受けているので、食事はできるだけ長いこと楽しみたい。

9月16日:アパートの引き払い

書くのを忘れていたけれど、9月上旬に兄の手配で、十数年住んでいたアパートを引き払いました。 何年も住んでいたことと、モノが捨てられないたちなので、モノがあふれていたと兄にびっくりされてしまいました。 すっきり綺麗になったアパートの写真を見せてもらって、こんなんだったかな、と、思い出せないくらい、綺麗になっていました。 アパートの大家さんはとても良い方で、ご挨拶できないままアパートを引き払うことになったのが、残念です。